CBD Products

マリファナと麻のパーティー

麻学連続講座. 次回開催は、11月27日 麻学講座 続・真面目にマリファナの話をする会 8月14日(水)に縄文講座、21日(水)に、麻学講座を予定しています。 但し!パーティの参加者には、もれなく書籍『縄文ネイティブ 』を差し上げることをお忘れなく! 2018年10月27日 1.1 コーヒーより安全なマリファナ; 1.2 WHOの驚くべき報告書; 1.3 マリファナの薬理効果; 1.4 マリファナパーティでの現象 しかし、マリファナや大麻という言葉からくる危険な印象と異なり、その依存性はその酒やタバコよりも少ないのです。 The latest Tweets from 麻なび (@asanavi88). 日本初 麻の情報に特化した総合ポータルサイト、麻なびの公式ツイッターアカウント。麻なびの記事を マリファナマーチの準備会&交流会は1月〜5月までの間の毎月第1、第3日曜日に行います。※4月は3回※  久々に帰国したオールド・ヒッピーのSが、あるライヴ・パーティに参加したところ、会場の片隅で若者の一団が大麻を回しているのを見かけ、その輪の中へ入って一服所望したところ、パイプを持った若者が怪訝な顔をして、「えッ、オジサンも吸うんですか、これ  わが国で初めてマリファナ・パーティが開かれ、私たち T新宿ビート族 Uがフレンチビートの持ち込んだマリファナにぶっ飛んでから40年の歳月が流れた。勿論1966年以前にも、米軍基地の労働者やジャズマンなどが個人的には体験していたが、運動集団  2019年11月20日 大麻(マリフアナ)から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使った食品やヘルスケア製品の人気が高まるなか、米政府がようやく規制の整備に乗りだした。米農務省がこのほど、原料であるヘンプ(麻の一種)の国内での生産に関する最終規制 

2019年11月20日 大麻(マリフアナ)から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使った食品やヘルスケア製品の人気が高まるなか、米政府がようやく規制の整備に乗りだした。米農務省がこのほど、原料であるヘンプ(麻の一種)の国内での生産に関する最終規制 

わが国で初めてマリファナ・パーティが開かれ、私たち T新宿ビート族 Uがフレンチビートの持ち込んだマリファナにぶっ飛んでから40年の歳月が流れた。勿論1966年以前にも、米軍基地の労働者やジャズマンなどが個人的には体験していたが、運動集団  2019年11月20日 大麻(マリフアナ)から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使った食品やヘルスケア製品の人気が高まるなか、米政府がようやく規制の整備に乗りだした。米農務省がこのほど、原料であるヘンプ(麻の一種)の国内での生産に関する最終規制 

2017年5月10日 今、私はアメリカの中央に位置するコロラド州のデンバーという街に来ています。4月20日は、アメリカでは「マリファナの日」ということで、コロラドではマリファナを祝うために約5万人が駆け付け一斉にマリファナを吸うというパーティーを行います 

2017年7月10日 と思っていたら、7月7日にヘンプ(麻)料理専門ダイニング「Hemp Cafe Tokyo」がオープンするとの情報が。早速、そのプレオープニングパーティーにお邪魔して、人生初のvegan(ビーガン)ヘンプフードを堪能してきました。一部動物性食材を  2017年9月10日 こんにちは。麻福です。 今週末は、東京スピニングパーテイー@東京・錦糸町 に出店中です。 スピニングパーティーは、知る人ぞ知る? 糸、生地、手芸材料の展示販売イベント。100店鋪を超える出店があり、例年大勢の来場者が全国から集い  町内で噂の美人三姉妹の次女ですよ。県内の有名な私立女子中高一貫校を卒業したお嬢様。明るく挨拶してくれましたし、近所でも悪い噂はまったくありません。ここ2~3年ほど見かけなかったので、どうしたのかなとは思っていたんです」 2018年11月30日 だから、マルディグラスって麻のお祭りがあるよーって話を聞いた時も、おそらく若いヤンチャそ. どの話も初めて聞くようなことばかりで、それまでマリファナって軽いパーティードラッグみたいなものだと、何となくイメージしてた事が、実は日本 

2017年9月10日 こんにちは。麻福です。 今週末は、東京スピニングパーテイー@東京・錦糸町 に出店中です。 スピニングパーティーは、知る人ぞ知る? 糸、生地、手芸材料の展示販売イベント。100店鋪を超える出店があり、例年大勢の来場者が全国から集い 

わが国で初めてマリファナ・パーティが開かれ、私たち T新宿ビート族 Uがフレンチビートの持ち込んだマリファナにぶっ飛んでから40年の歳月が流れた。勿論1966年以前にも、米軍基地の労働者やジャズマンなどが個人的には体験していたが、運動集団  2019年11月20日 大麻(マリフアナ)から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使った食品やヘルスケア製品の人気が高まるなか、米政府がようやく規制の整備に乗りだした。米農務省がこのほど、原料であるヘンプ(麻の一種)の国内での生産に関する最終規制  2018年4月10日 オーストラリアの人は生活のリズムゆったりしてて穏やかやけど、この取締りは緩すぎwwwこれからも世界の衝撃映像お送りしますぜ!!! タクバヤシ、ショウ、何から何まで本当にありがとう=(^.^)= □タクバヤシTakabayashi【YouTube